日本は世界から見て、平和な国です。日本に住んでいると、日々犯罪や事故をニュースで見て怖いと感じているかもしれませんが、銃社会の国や今も戦争中の国はもちろんのこと、貧困の国は日本の貧困格差とは比にならないほど身近な犯罪や凶悪な犯罪が日々起こっています。

そのような国の人から見ると、のんきに隙が多く見える日本人は犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。警戒しようにも、どう警戒したらいいか分からないのが日本人です。考え得る防ぐ方法と現地でのマナーを、これから詳しくご説明しましょう。

○日中堂々ひったくり!スキミング防止のウエストポーチを服の下へ!

服の下に体にフィットさせるポーチで貴重品を守りましょう。接触しなくともスキミングされる犯罪があるんですね。そんなスキミングを予防する特殊な素材で作られたウエストポーチが便利です。

首から下げるタイプのものなら、ウエストポーチよりもおしゃれな種類がいくつか出ています。私は肩こりになってしまうので、首にあまりかけたくなく、ちょっとダサいですが服の下なので見えないウエストポーチにしています。中にパスポートとチケットとお金を入れます。

リュックサックは背後で簡単に中のものを取られてしまい気付きません。何人かのチーム戦で巧妙に素早くやられることがあります。人混みなどは前で抱えるようにします。スリも多く簡単に開けられるポケットにスマホはNGです。

もしバイクなどでひったくりにあった時は荷物は離すのが得策です。荷物を離さなければ、後ろから刺される事件が起こっています。

○2人でもNG!夜に外出注意!ぼったくり!巧妙な詐欺師!

夜の外出は気を付けて、行かない方がいい町は調べます。タクシーも危険な場合があり知らない場所に連れて行かれ、脅して金銭を要求してくることがあるようです。タクシーの支払いにプリペイドカードを使用していると、運転手がすぐ分かるので犯罪防止に繋がります。

移動手段に関わる現地の人に限らず声をかけてくる人は、英語や日本語がペラペラや頼んでいないのに親切すぎる人やしつこい人は詐欺師の可能性があるので、きっぱり「NO」と言います。現地の言葉で断る方が、何も知らない観光客ではないと思ってカモになることを避けられるかもしれません。

○文化と宗教と慣習の違い!良いマナーが悪いマナー?訪問先を学ぼう!

インドでは頭を撫でてはいけません。理由は、神様が頭に宿っているからです。このように日本では良いことでも、不快に思わせてしまいます。

行こうとしている国のことを、到着するまでに、機内の中でも予習しておくと安心です。有名なところだと、ジェスチャーの違いで、日本人がよくする「おーい」や「バイバイ」と手を振る動作は、「あっちへ行け」「しっしっ」と勘違いされることがあります。

ピースもあまりよくはないです。親指と人差し指をくっつけて作るOKサインは、侮辱するジェスチャーになるところがあるので要注意です。分からなければしないことが1番です。

他に、礼儀としてのマナーを知っておくと、実際に現地の人に喜んでもらえることもあります。海外の人がお箸を上手に使っていたら、おお!と思うのと同じです。タイで1日2回流れる国歌中は立ち上がります。

○どうして避けよう!紛争地区やテロが頻発している地区へ行かない!

紛争地区やテロが頻発しているところへ絶対に行かないことです。いつどこで何が起きても不思議はありません。日本自体もテロ候補地になっています。日本でニュースになっていないだけで、BBCやCNNなどの海外ニュースでは日々テロや銃乱射事件が報道されています。