インドは仏教の国で、インドへ行くと人生観が変わると聞く、1度は行きたい特別な国です。1人で行くとハマりすぎて帰ってこれなくなってしまうなんてことも聞いたことがあるくらい奥が深い国です。

仏閣や仏像、神聖なもの、ゴージャス、カレー、スパイスのどれかに興味がある2人なら、ハネムーンで行ってみるのはいかがでしょうか?

本場アーユルベーダなど、本物に触れて心がリセットされ磨かれる気がします。大人の旅、ハネムーンにインドをご紹介しましょう。

○比較的お手頃価格!なのに!ちょっとリッチなハネムーンができます

高くても20万円くらいのツアーで、宮殿ホテルに泊まれるのがインドです。安いものでは10万円以内で宮殿ホテルに泊まれるツアーもあります。大人旅はゴージャス大歓迎です!大理石のバスタブで身も心も浄化されます。

もちろんオプション追加や他のホテルのグレードアップもできます。サバンナを通過するリアルなサファリもあります。世界遺産や聖地が多いので、ぜひ静かな気持ちで巡りましょう。タージマハルや象乗りなど、あまりインドを知らない人でも、聞いたことがある場所や楽しめるところに安心です。

○グルメな2人に!カレー!いろんなカレーの食べ歩き!

日本でもルーでなくスパイスのみで作る本格的なカレー店があります。飽きるほど食べたい!でも日本にあるのは多少日本人向きの味になっているのでしょうか?本場のカレーが気になります。

スーパーマーケットでも簡単にスパイスが手に入るようになり、カレー好きな人は、自分でスパイスカレーを作る人も増えていますね。グリーンカレーなどは、缶やレトルトにもなっていてすぐ作れてしまいます。

インドでは3食すべてが、カレーだとご存知でしょうか?国民食なんですね〜。米やナンがあって小さな椀にカレーが入っているようなものを想像しますが、地元は、3食が全てこういうカレーではなく、カレー味のピラフのようなものだったりカレー味の何かを総称してカレーと呼んでいるようです。

○避けては通れない!衛生面!なるべく注意しましょう!

どうしても免疫のできていない日本人は、現地の人たちと同じように飲食するのは注意です。郷に入っては郷に従う精神は、訪問先と訪問先の人たちへの敬意を込めて素敵なことですが、こればかりは気を付けてください。

食中毒は、ハネムーンどころでないどころか命が危険になることもあります。直接口をつけるグラス(洗った水滴が付いていたり)、サラダ(生野菜を洗った水が付いていたり)、手で食べるなら手を洗う水、生水を飲むことは避けるのが無難です。

シャワーで顔を洗ったのかシャワーであたってしまった人もいるようです。飲み水はペットボトルを買うか、レストランやホテル、ガイドブックに乗っている店や外国人が集まっている店が比較的安心と言われます。気を付け出したら不安でキリが無くなりますが、注意できるところはしましょう。

○夫婦でデトックス!アーユルベーダ!ヨガ!インド式マッサージ!

やっぱりリラクゼーションは欠かせません!人間の本来の力を整えてくれるアーユルベーダやヨガ、自然のパワーに感謝しながらスッキリしましょう。

夫はエステはどうしても乗り気じゃないというカップルは、痛いこわいイメージのインド式マッサージに挑戦してみるのも良い思い出になるかもしれませんね。

お土産選びもいちいち可愛い雑貨や食器に服!リラックスも贅沢もアクティブもグルメも歴史観光も、魅力満載のインドにハマってしまうかも!