ハネムーンの航空券の手配やホテルやツアーの予約は、予定の日程の2ヶ月前が1番多いです。遅くても1ヶ月半前が理想です。早ければ早いほど早期割が適用されるので、同じツアーを賢く予約できます。

直前割りも中にはありますが、全てが直前割りになるわけではなく、航空券が安ければホテルは通常より高かったり、ホテルが安ければオプションを選べなかったりするので、せっかくのハネムーンはできるなら早く予約しましょう。どうしても先の休みが確保できない人もいると思いますので、できるだけ効率的な支度ができるよう、これからご説明します。

○早期割を活用して賢く!ツアー!航空券!ホテル!チケット!

早期割で予約し、2人分の節約できたお金をお土産代の一部に回せたり、現地でグルメに回せたり、ホテルのグレードアップに使えます。海外なら店員さんのチップ用にすると余分な出費になりません。

現地で美術館など鑑賞するときも所によっては前売り割引があれば利用しましょう。2人の家計は始まっています。減らせる出費は賢く減らしましょう。早期割は、だいたい60日割り、120日割りなど会社によって用意されています。

それよりも前から予約してもいいですが、あまりに早く予約してしまうと、思わぬ予定が入ってしまう可能性もあり、2,3ヶ月前の予約が妥当と言えます。すでに出発予定まで2ヶ月を切っている人は、落ち着いて計画スピードを速めましょう。

○パッキング支度は早く始めて!後から不足分を思い出して追加して!

仕事をしている人や子育てをしている人は特に、荷造りは大変ですね。直前に荷造りすると、忘れ物や必要なものがないことに気付いてもどうしようもありません。

できる時に思いっきってパッキングしていきましょう!ある程度作れる荷物を作っておけば、買い足したいものがあっても会社帰りに買いに行けたり、忘れ物があってもメモすることができます。

現地ですることの準備も、劇場や観光バスなどチケットの予約やレストランの予約、お土産のリサーチや予約、マップの確認など国内でできることは、インターネット環境もあり慣れているパソコンを使える間にやっておくと安心です。

海外用のwifiを持っていっても、アンテナが届いていないことには使えない場所もあり(使えても速度が遅すぎて役に立たないことも)、インターネットになかなか繋がらない不安定な環境です。

インターネットカフェなどでパソコンを現地で借りても、キーボードに日本語はありません。打ち方もかな打ちにもローマ字打ちにもなりません。

ようやっとインターネットで検索できたところで、日本の検索サイトを使用しないと、現地の言葉で書いてあるので、理解することが難解です。

近頃はSNSが流行しているので、調べたいことができてしまったら、インターネットさえ繋ぐことができれば、SNS上で検索するのが良いかもしれません。

ともあれ、できることは、日本でやっておくことをおすすめします。そのためにも荷造りも、早め早めが肝心です。メイク道具やコンタクト用品、携帯や充電器、お財布など出発当日まで使用するものだけ入れ忘れない様に気を付けるだけですね。