Page 2 of 5

海外フォトウェディング!1万円以下も!民族衣装でドラマティックに

結婚式をした人もしていない人も、ハネムーン先の海外でフォトウェディングしませんか?日本国内の式場推薦のフォトウェディングなら、2人の衣装代込み写真1枚で10万円〜が相場です。

海外のリゾート地や民族衣装の1万円以下のものから20万円代でツアーになっているフォトウェディングがあります。ハネムーンプランの1つとして、海外フォトウェディングがカップルにオススメの理由とどんなパターンがあるのかご説明します。

○国内のフォトウェディングを諦めた人も海外なら

冒頭で述べたように、日本の式場推薦のフォトウェディングは正直高いです。何枚か撮っても全部のデータがもらえるとは限りません。1枚しかもらえないのに2人の最低価格の衣装込みで10万円が相場です。メイクも付けると加算されます。

フォトウェディングをプランに入れた海外のツアーがあり、ツアー料金の中に航空券とホテルに加えて、衣装代と撮影代と写真代が含まれていて1万円以下からあるんです!

1万円以下は、有名リーゾート地ではない土地だったり衣装の選択が少なかったり、写真が1カットなどあるかもしれませんが、料金と2人の記念を考えると全然アリです。他に10万円以下でいくつかツアーを見かけます。自然な2人の笑顔が詰まった写真になります。

○50万円!まるで映画のワンシーン!本格的撮影ウェディングフォト

アマルフィ、パリ、ニューヨークなど、世界中の憧れの地でまるで映画さながらのドラマティックな撮影をしてくれるツアーもあります。

場所移動しながら1日がかりの撮影です。撮影枚数は約400カットでデータはもらえます。厳選した写真をアルバムにして2ヵ月後くらいで自宅に届きます。

○個性が光る!オシャレカップル!民族衣装でフォトウェディング!

民族衣装がある国なら、写真館で写真を撮ってもらうこともオススメです。サイトに表示されている金額より、若干上乗せした金額でぼられることもなくはないようですが、綺麗に仕上がってきます。

例えば、タイなら私の知る限りでは、料金は3万円〜のようです。高いですが日本人観光客が行くようなスタジオが、初めて行く国なら安心かなぁと思います。

接客態度は海外あるあるで大丈夫かなと心配になるお店もあるかもしれませんが、ヘアメイクと撮影になるとプロの仕事をしてくれます。タイは、豪華な民族衣装に負けないくらいの本格的なメイクで、楽しいです。

インドは1件しか知らず10万円オーバーで、ヒンドゥー語が分からないと探せない感じです。私は、サリーが可愛いいので、どうしても撮りたかったのですが、写真館は諦めて、サリー(女性)、クルタとターバン(男性)を着るオプショナルツアーを追加し、自分たちで撮影しました(笑)

○写真館を利用した時の注意点!到着したその日に撮影に行こう!

写真の受け渡しが、翌日受け渡しもあれば数日かかることがあります。到着した初日に行ければ、次の移動の前に受け取りに行くことも可能かもしれません。

受け渡しまでの日数が、サイト内にも書いてありますが、急いでほしい時はお願いしてみると繁忙期でなければ、頑張って間に合わせてくれるみたいです。

日本への郵送は店によってできるできないがあると思うのでよく確認しましょう。日本人が多く来店していて、スタッフさんが日本語の分かる人がいればいいですが、現地の言葉しか伝わらないとちょっと大変なので、受け渡しまでしっかり気を抜かずに対応しましょう。

リゾート地や大好きな海外でのフォトウェディングは、式場とはまた違うロマンティックでドラマティックな思い出になります。今しかできないハネムーンの記念に是非!

高過ぎてもチープでも嫌!ハネムーンに最適なホテルはどんなところ?

ハネムーンは特別な旅行にしたいですよね。何を特別にするかは人それぞれで、宿泊施設を重視してみようと思います。5つ星ホテルだったり、部屋をグレードアップしたり、水上コテージだったり、老舗旅館だったり。

料金が高いほど満足な夜が過ごせそうなことは分かっています。ツアー指定のままだとビジネスホテルレベルの宿泊施設が多いようです。予算内におさめついつもとは違う旅行のために、これからハネムーンのホテルの選び方をご紹介します。

○1泊は思いっきり望みのホテルにする!あとは通常ランクで!

全泊を理想の宿泊施設にできるなら、羨ましい限りで問題はありません。予算が決まっているカップルは、ハネムーン記念に1泊だけ希望のホテルにしてみるのはいかがでしょうか?

例えば、フロリダのディズニーワールドへ行くなら、直営ホテルの中でも1日だけアニマルキングダムにしてみると、サバンナのように野生さながらのキリンが歩いているのをホテルの部屋から見られます。

インドなら、マハラジャが実際に住んでいた大理石の宮殿をホテルに改築した宮殿ホテルにしてみると、私たちの知るホテルとは別物のゴージャスな1日になります。

1泊の2人分の料金がそれなりのうん万円になりますが、それ以外の日はツアーが指定している中級かそれ以下のランクのホテルに泊まるのならいかがでしょうか?

ツアー指定のホテルは、パンフレットやサイトなどで、どこかに提携しているホテルが小さく表示されているので、そのホテルの名前でインターネット検索するとホテルのホームページを見ることができます。

中級ランクのホテルだと、だいたい日本のビジネスホテルのような感じかなという私個人の印象で、新婚さんなら充分ラブラブに過ごせるレベルかと感じます。

○変わった宿泊施設にチャレンジ!その代わり超贅沢ホテルをプラス!

例えば、南国リゾートのコテージでも、陸上のコテージや海がコテージ内からは見えないものと、いわゆる水上コテージ、部屋から階段で海に入ることができるコテージなどの種類があり、それぞれで料金が変わります。

ビーチが見えるオーシャンビューでも素敵ですが、もはや水の上にあるコテージがやはり高いです。ビーチから遠いわけではないので山側のコテージにしてサンセットはお散歩がてら見に行くとか調整するのも良いですね。

30代だからこそ大人旅。寝台列車泊(車中泊)がホテル1泊分よりだいぶん抑えられます。私自身、30代半ばで新婚旅行を計画し、夫が最高じゃんという車中泊には最初は大反対でした。

何時間も電車に揺られ車酔いも怖いし飽きそうだし。。。若い人の自分探しのようなイメージを持っていましたが、世界の車窓からのような地元の人たちと同じ列車で本を読んだり景色を楽しんだり、大人だからこそのバタバタしない旅も1つです。

○少しずつグレードアップ!帰国してから他のツアーも行っちゃう!

最高ランクでなくてもワンランクグレードアップするだけでも普段しないことをすると特別感がアップします。また、メインのツアーではグレードアップしなくても、一旦帰国して、他のツアーにも行ってみるのはどうでしょうか?

近隣の国のツアーは安いものが多く、メインのツアーのおまけにもう1つツアーを申し込んでも、お土産代込みで2人で10万円も不可能ではありません。

メインのハネムーンが人気の場所でかなり金額がかかるなら、メインはツアー指定の宿泊施設にしておいて、おまけ旅行として安いツアーでグレードアップしたホテルにするのもワクワクします。

インド!2人でリセット!心身共に浄化!カレー巡りにアーユルベーダ

インドは仏教の国で、インドへ行くと人生観が変わると聞く、1度は行きたい特別な国です。1人で行くとハマりすぎて帰ってこれなくなってしまうなんてことも聞いたことがあるくらい奥が深い国です。

仏閣や仏像、神聖なもの、ゴージャス、カレー、スパイスのどれかに興味がある2人なら、ハネムーンで行ってみるのはいかがでしょうか?

本場アーユルベーダなど、本物に触れて心がリセットされ磨かれる気がします。大人の旅、ハネムーンにインドをご紹介しましょう。

○比較的お手頃価格!なのに!ちょっとリッチなハネムーンができます

高くても20万円くらいのツアーで、宮殿ホテルに泊まれるのがインドです。安いものでは10万円以内で宮殿ホテルに泊まれるツアーもあります。大人旅はゴージャス大歓迎です!大理石のバスタブで身も心も浄化されます。

もちろんオプション追加や他のホテルのグレードアップもできます。サバンナを通過するリアルなサファリもあります。世界遺産や聖地が多いので、ぜひ静かな気持ちで巡りましょう。タージマハルや象乗りなど、あまりインドを知らない人でも、聞いたことがある場所や楽しめるところに安心です。

○グルメな2人に!カレー!いろんなカレーの食べ歩き!

日本でもルーでなくスパイスのみで作る本格的なカレー店があります。飽きるほど食べたい!でも日本にあるのは多少日本人向きの味になっているのでしょうか?本場のカレーが気になります。

スーパーマーケットでも簡単にスパイスが手に入るようになり、カレー好きな人は、自分でスパイスカレーを作る人も増えていますね。グリーンカレーなどは、缶やレトルトにもなっていてすぐ作れてしまいます。

インドでは3食すべてが、カレーだとご存知でしょうか?国民食なんですね〜。米やナンがあって小さな椀にカレーが入っているようなものを想像しますが、地元は、3食が全てこういうカレーではなく、カレー味のピラフのようなものだったりカレー味の何かを総称してカレーと呼んでいるようです。

○避けては通れない!衛生面!なるべく注意しましょう!

どうしても免疫のできていない日本人は、現地の人たちと同じように飲食するのは注意です。郷に入っては郷に従う精神は、訪問先と訪問先の人たちへの敬意を込めて素敵なことですが、こればかりは気を付けてください。

食中毒は、ハネムーンどころでないどころか命が危険になることもあります。直接口をつけるグラス(洗った水滴が付いていたり)、サラダ(生野菜を洗った水が付いていたり)、手で食べるなら手を洗う水、生水を飲むことは避けるのが無難です。

シャワーで顔を洗ったのかシャワーであたってしまった人もいるようです。飲み水はペットボトルを買うか、レストランやホテル、ガイドブックに乗っている店や外国人が集まっている店が比較的安心と言われます。気を付け出したら不安でキリが無くなりますが、注意できるところはしましょう。

○夫婦でデトックス!アーユルベーダ!ヨガ!インド式マッサージ!

やっぱりリラクゼーションは欠かせません!人間の本来の力を整えてくれるアーユルベーダやヨガ、自然のパワーに感謝しながらスッキリしましょう。

夫はエステはどうしても乗り気じゃないというカップルは、痛いこわいイメージのインド式マッサージに挑戦してみるのも良い思い出になるかもしれませんね。

お土産選びもいちいち可愛い雑貨や食器に服!リラックスも贅沢もアクティブもグルメも歴史観光も、魅力満載のインドにハマってしまうかも!

ハネムーンで本場ディズニーデビュー!基本知識と知っててイイこと!

アメリカのフロリダにあるディズニーワールドとカリフォルニアにあるディズニーランドはハネムーンの人気の地です。日本の比にならない広大な敷地を持つアメリカンサイズの本場のディズニーです。ハネムーンに初めてアメリカのディズニーリゾートデビューするあなたへ、基本知識と知っておくといいことをご紹介しましょう。

○本場はアメリカ!フロリダとカリフォルニアにテーマパークがあります

フロリダのディズニーワールドには、4つのテーマパークがあります。シンデレラ城がある「マジックキングダム」、サバンナさながらの動物が歩いている「ディズニー・アニマル・キングダム」、大きなゴルフボールのようなシンボルの「エプコット」、東京ディズニーシーにあるアトラクションもある「ディズニー・ハリウッド」です。

東京ディズニーランドは、ここのマジックキングダムをお手本に作られています。カリフォルニアのディズニーランドのお城は、眠れる森の美女です。ついでに、ディズニーワールドには巨大なウォーターパークと6つのゴルフコースと20以上のリゾートホテルもあります。

○日本とは規模が違う!宿泊日数分のチケット付き!満喫には何日必要?

ディズニーワールドは、東京ドーム2,500個分以上の敷地です。日本のディズニーランドとシーを合わせても東京ドーム21個分ほどです。

私たちには思考停止しそうなくらいの広さです。本物の動物が自由に闊歩している横にホテルがあったり、バーベキューゾーンがあったり、全てのパークを満喫しようと思ったらかなりの日数とお金が必要です。

バーベキューゾーンとかもはやディズニー関係ないやん!と思われるかもしれませんが、運が良ければチップとデールが遊びに来てくれるようです。

アメリカのディズニーリゾートは、安いもので5泊7日で2人30万円代です。この料金は直営ホテルでないことが多いです。チケット付きのツアーが購入する手間も省けて安心です。宿泊日数分のチケット代も含まれているとお得な料金かと思います。

ハネムーンでせっかくだから直営ホテルにグレードアップしたり、お土産や食事代、チップ、移動費、諸経費がプラスすると高くなります。アメリカに行くならニューヨークにも寄りたいとすると100万円近く必要になります。

○探そう!ディズニーリゾートのツアー!会社によってカラーが違います

特典として、キャラクターに会える朝食のクーポン付き、パーク内で利用できるwifiレンタル無料、ピンバッジトレードスターターが付いていたりします。

旅行会社のホームページで、広大な各パークの見どころを紹介してくれているところがあります。ここを押さえて行けば、行っておけばよかったなんてことを防げるかもしれません。

○ランディズニーに参加しよう!10K!ハーフ!フル!選べるから安心!

ランディズニーとは、毎月どこかの週末に開催されているパーク内を走るマラソン大会です。本気で走っても良いし、普段あんまり走らない人は10Kでキャラクターと写真を撮りながら無理なく走れます。

ランナーの服装はあくまで走りやすいものにすることが無難ですが、大会ごとにテーマがあるので、参加者はテーマに沿ったコスプレをしています。SNSや公式ホームページで過去の参加者の姿を見ることができます。

ゴールすると、自分が走ったテーマに合ったメダルがもらえます。例えばスターウォーズやディズニープリンセスがテーマになっていて、そのメダルが本格的で、もらえるとワクワクしますし記念にもなり、SNS映えもして楽しいです。